マセマティカル・アートの定義と概要

Koichi Muneta


宗 田 光 一


定義


  「あらゆる数学の概念をモチーフに、何らかの方法で視覚化するなど、実際に鑑賞できる形態で表現した美術作品」



概要


  1992年12月、数学をモチーフにした作品が朝日新聞の「自慢の一点」と題したコラム欄に掲載。作品「e」が始めて紹介される。

  1996年11月、諏訪での初めての「マセマティカル・アート展」により誕生。代表作品「グラフ・オブ・ノット」「Binomial Bamboo」ほか

  その後、1997年10月、山形での野外アートフェスティバルに参加。2000メートルの直線道路に303個の椅子を素数メートル間隔で置いた「素数番の椅子」作品を発表。翌年の同展公募ポスターに作品写真採用。

  同じく1998年10月、野外展で「Mライフパターン」作品を発表。「Mライフパターンのイメージイラスト

  2001年4月、山梨県立美術館での個展「マセマティカル・アート2001宗田光一展」

  2003年4月、東京青山での「九つの柱、出版記念展」に参加出品。「表紙」「作品Φ

  2004年11月、広島市現代美術館で開催された「松澤宥と九つの柱展」に参加出品。「展覧会ポスター1面」「展覧会ポスター2面」「(出品作品)光の速度を変える方法を考案せよ」連続作品<1><2><3><4><5><6><7><8><9>

  2007年1月、ネット上で「数学美術2006 WEB個展」として発表。現在にいたる。
  


 Mail :       

koichi@muneta.info

M    
  Ф  
    W