言葉コレクション

Koichi Muneta


宗 田 光 一

視点を変えてくれる機知に満ちた先人のコトバ
思考の機軸となり、精神の拠り所となる数々のコトバ・コレクション

数学の心


「新しい概念には新しい記号が必要である」

「幾何学的図形は、空間的直感の記憶像に対する記号である」

「算術の記号は書かれた図形であり、幾何学の図形は描かれた式である」

「数学の問題を扱うに際して、普遍化よりずっと重要な役割を演ずるのは特殊化である」

「ある問題の答えがどうしても見出せないような場合には、おそらく大抵の場合、その問題よりも簡単で易しい問題をまだやっていなかったか、不十分にしかやっていなかったのが失敗の原因である。その場合には、この易しい問題を発見して、できる限り完全な補助手段を用い、一般化の可能な概念を用いて、この問題の解を作り上げることに全てがかかっている」
                     デビッド・ヒルベルト(1862-1946)

「君は問題をもたねばならない。一つの明確な目的を選び、それに向かってまっしぐらに進みなさい。めざす目的に到達することができないかもしれない。しかし、君はその途中で何か興味を引かれることを見出すだろう」
                     フェリックス・クライン(1849-1925)


思考と美術への架け橋


「考えるということは、いろいろな概念を自由にもてあそぶことである」
                 アルベルト・アインシュタイン(1879-1955)

「超ひもの振動の組み合わせによって、この大宇宙ができていることの奥ゆかしさをつくずくと観想せよ(量子芸術宣言より)」
                              松澤宥(1922-2006)


 Mail :       

koichi@muneta.info

     
  Ф  
    W