セオリー・アートの定義と概要

Koichi Muneta


宗 田 光 一


定義


  「抽象的知識・原理・仮説・理論の組み合わせなどを視覚化し、観察・鑑賞する美術をいう」



概要


  2007年5月、マセマティカル・アートを拡大解釈し、あらゆる抽象思考の結果、新しい理論を構成するものを美術の作品として鑑賞することを提案。多様で純粋な抽象思考を美術として解釈することが可能となる。

  2007年12月、「セオリー・アートWEB展」を予定。



 Mail :       

koichi@muneta.info

ε   δ
  φ  
σ   ω